さらひなか

さらひなか

必要な方に届きますように ○ アクティブ・カラーセラピー*言葉*心*身体 ○ kyokoの気ままな雑記

涙を流すことができる&心に響く言葉が聞ける「コード・ブルー」

映画を見に行きました。

[劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命]

 

ドラマを見ていたので、見たいと思っていたんです。

 

友達とは違う、近くで共に試練を乗り越えた心から信頼できる仲間。そうそう出会えるものではないから憧れます。

 

f:id:sarahinaka:20180901001028p:plain

 

映画は思っていたのと少し違ったけど、泣ける場面がいっぱいありました。

ジーンとくる言葉、今回の映画でも聞くことができました。

ドラマでもたくさん心に響く言葉がありましたが、そういった言葉もコード・ブルーが好きな理由のひとつです。

 

 

 

涙を流すと、後でスッキリするから好きです。

 

涙を流すのが上手になったなとしみじみ思うことがあります。

 

昔は人前で泣きたくない。我慢して我慢して、感情が高ぶって泣くと嗚咽がしばらく止まらなくなるような、そんな涙を流していました。

本当に涙を流すのが下手でした。

 

我慢していたのを何回か出したので、今は静かな涙を流すことができます。

涙は浄化作用があります。

笑いもいいですが、涙を流すこともすごくいいです。

 

 

 

コード・ブルーのドラマのセリフで共感できる好きな言葉があります。

3シーズンの第8話で緋山先生が、名取先生に言ったセリフです。

 

 

子どもはよく怪我をするけど、そのぶん治りも早い。

それは、何度も怪我をすることで、痛みを知るためだ。

それで他人の痛みも、理解できるようになる。

だから、治る怪我ならたくさんした方がいい。

 

 

大病院の息子で、生意気、冷たい印象だった名取先生ですが、緋山先生と出会ったことで、患者の気持ちに寄りそうということや、同期の苦悩も理解できるようになり、人として成長していきます。

 

 

 

 

失敗や挫折、嫌な思いも成長するのに必要なことです。

自分の痛みの経験から、人の痛みを知ることができます。

 

たくさんの人との出会い、たくさんの経験をして、いろんなことに気づくということが成長に繋がります。

 

人生にはいくつもの場面が訪れます。辛い経験もそのひとつです。

経験はあくまで経験です。心の傷を深くしないよう、必要以上に苦しまないでください。その思いだけにとどまらず、いろんな視点から見つめてみてください。