さらひなか

さらひなか

必要な方に届きますように ○ アクティブ・カラーセラピー*言葉*心*身体 ○ kyokoの気ままな雑記

心に届いた言葉②

もう一つ、父の死の時に私の心に届いた言葉があります。

 

f:id:sarahinaka:20180624033422p:plain

 

千の風になって」 

_____________________

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風
千の風になって
あの大きな空を 吹きわたっています

 

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

_____________________

 

紅白歌合戦秋川雅史さんが歌われた曲としても有名です。

 

私は父が亡くなった後に、書店で美しい自然の写真と共に書かれた詩に惹かれてこの本を購入しました。

 

千の風になって

千の風になって

 

 

 この詩から

 

“見守っています” 

 

“近くにいるからいつでも繋がることができます”

 

と言われているようで

 

「ありがとう」も伝わっている。自分の頑張りも見ていてくれると思えるようになりました。

 

 

私はお経も読めないし、お墓参りは命日とお彼岸しか行きません。

 

お墓参りは掃除をしたりして、亡くなっても大事に思っていますという気持ちを伝えるのにはいい機会です。

 

でも、お墓にいつもいるとは思っていません。

(私だったら墓地にずっといたくないなと思います。)

 

 

たまに思い出して「ありがとう」と言うだけで、ちゃんと繋がって思いが伝わっていると思っています。